「雪女」出雲弁訳 まとめ

【進行中の出雲弁訳だけをまとめて読めるページです。

 最後には「雪女」の全訳になる予定です。

 翻訳しながらの議論(と無駄話)は、過去記事をお楽しみください】

 

 

 

「雪女」 

 

【翻訳第一夜】

 

1)なーんとね。武蔵の国のなんだいいう村に、もさく、みのきちという二人の樵さんがおったとね。

 

2)こーから話すことがあったときには、もさくは、もうおじいさんになっちょらいたと。

 

3)そーで、そのさんとこで働いちょーなったみのきちは、18だったとや。

 

4)毎日、そのさんやつは、だいたい2里ほど離れちょったかいなあ、一緒に森へ出かけちょーなったわ。

 

5)いきしに、おっきゃん川をわたらんといけんでね、だけん渡し船があったと。

 

6)渡しのあーとこには、たんびたんび、橋を架けえだども、大水が出えたんびに、流さいたわ。

 

7)川があふれえと、並みの橋じゃあもうどげしゃもないけん。

 

 

【翻訳第二夜】

8)茂作と己之吉は、がいにさむ晩、帰りしにまげな吹雪にまきこまいてのお。

 

9)二人が渡し場についてみいと、なーんと、船は、こっちになてのお。向こう岸にあったとや。渡し守さんは、もうえんじょーなったと。

 

10)そーでまた、およげーやな日でもなかったけん。

 

11)だけん、きこりさんやちゃ、渡し守の小屋ににげなったわね。そぎゃん場所がみつかって、まあほんによかったと、思いなったと。

 

12) そーがなあ、なーんと、小屋には、火鉢がなかったとね。火を焚かかと思っても、しゃん場所もね。

 

13)窓だいなんだいない、にじょほどの小屋でのお。

 

14) もさくとみのきちは、戸をつめて、みのかけて、休まかと思って、横んなった。

 

15)はじめのうちは、しゃんに寒い気もさんだったし、嵐も、じきにやんと思っとった。

 

16)オジジのほうは、すぐに寝なったとね。

 

17)だども、若けみのきちは、長げこと、起きちょった。風は鳴あし、雪は戸にあたあし、おぜ音がしちょったとね。

 

18)河はごうごうなって、小屋は、海の上の小舟なやに揺れて、みしりみしり鳴っとった。

 

19)ま〜あ、おぞい、おお吹雪だったと思いないや。

 

20)あたりは、一刻一刻冷えてきて。そーで、みのきちは、みのの下で震えちょーなったと。

 

21)そーだに、やっぱ寒さには勝てんで(寒ていけんだったに?)、美濃吉も寝てしまった。

 

 

 

【翻訳第三夜】

 

22)顔に雪が激しくかかーけん、みのきちは目が覚めた。

 

23)小屋の戸はこじあけらいたやに、開いちょった。

 

24)そおで、雪明りに照らさいて、部屋の中におなごが、上から下まで白装束のおなごがおった。

 

25)おなごは、もさくさんの上にかがんで、息をふきかけとった。

 

26)その息は、白くてまぶしい、煙なやだった。

 

27)と思っちょー間に、こんだ、美濃吉のほうを向いてかがんだ。

 

28)美濃吉は、叫ばかと思ったに、なんだい声が出らんだった。

 

29)白いおなごは、ジネンジネンにかがんこんで、しまいにゃ、顔が当たあほどんなった。

 

30)おなごは、えらいべっぴんだったけど、なんと、その目がな、ほんにおぞかったと。

 

31)ちょんぼしなかい、おなごは、美濃吉をじっと見ちょった。

 

32)そげして、ちいと笑って、こまい声でささやいた。

 

33)「あんたのことも、このさんと同じ目にあわさかと思ったども。

 

34)なんだい、あわれなやな気がして。あんた、まだ若いけんねえ。

 

35)あんたは、ええオトコだけん、美濃吉。もう、なんだい、あんたにはさんけん。

 

36)だども、もし、あんたが、今晩見たことをちょんぼでも誰かに話いたら、そうがあんたのおっかさんでも。私にゃ分かーけんね。そげしたら、おまえを殺いちゃる。

 

37)……わたしのいうことを、くれぐれも、わすれーだないよ。」

 

38)そげ言いと、おなごは、顔を離いて、戸から出ていったげな。

 

 

出雲弁で「雪女」(第3夜ー9)

38)そう云って、向き直って、彼女は戸口から出て行った。

そげ言いと、おなごは、顔を離いて、戸から出ていったげな。

出雲弁で「雪女」(第3夜ー8)

36)しかし、もしあなたが今夜見た事を誰かに――あなたの母さんにでも――云ったら、私に分ります、そして私、あなたを殺します。

だども、もし、あんたが、今晩見たことをちょんぼでも誰かに話いたら、そうがあんたのおっかさんでも。私にゃわかーけんね。そげしたら、おまえを殺いちゃる。

 

37)……覚えていらっしゃい、私の云う事を』

わたしのいうことを、くれぐれも、わすれーだないよ。

出雲弁で「雪女」(第3夜ー7)

34)しかし、あなたを気の毒だと思わずにはいられない、――あなたは若いのだから。

なんだい、あわれなやな気がしたに。あんた、まんだ若いけんねえ。

 

35)……あなたは美少年ね、巳之吉さん、もう私はあなたを害しはしません。

あんたは、ええオトコだけん、美濃吉。もう、なんだい、あんたにはさんけん。

出雲弁で「雪女」(第3夜ー6)

32)――それから彼女は微笑した、そしてささやいた、

そげして、おなごは、ちいと笑って、こまい声でささやいた。

 

33)――『私は今ひとりの人のように、あなたをしようかと思った。

あんたのことも、このさんと同じ目にあわさかと思ったども。

出雲弁で「雪女」(第3夜ー5)

30)そして彼は――彼女の眼は恐ろしかったが――彼女が大層綺麗である事を見た。

おなごは、えらいべっぴんだったけど、なんと、その目がな、ほんにおぞかったとや。

 

31)しばらく彼女は彼を見続けていた。

ちょんぼしなかい、おなごは、美濃吉をじっと見ちょった。

出雲弁で「雪女」(第3夜ー4)

28)彼は叫ぼうとしたが何の音も発する事ができなかった。

美濃吉は、叫ばかと思ったに、なんだい声が出らんだった。

 

29)白衣の女は、彼の上に段々低く屈んで、しまいに彼女の顔はほとんど彼にふれるようになった。

白いおなごは、ジネンジネンにかがんこんで、しまいにゃ、顔が当たあほどんなった。

出雲弁で「雪女」(第3夜ー3)

26)――そして彼女の息はあかるい白い煙のようであった。

そーで、その息は、白くてまぶしい、煙なやだった。

 

27)ほとんど同時に巳之吉の方へ振り向いて、彼の上に屈んだ。

と思っちょーまに、こんだ、美濃吉のほうを向いてかがんだ。

出雲弁で「雪女」(第3夜ー2)

24)そして雪明かりで、部屋のうちに女、――全く白装束の女、――を見た。

そおで、雪明りに照らいて、部屋の中におなごが、上から下まで白装束のおなごがおった。

 

25)その女は茂作の上に屈んで、彼に彼女の息をふきかけていた、

その女は、もさくさんの上にかがんで、息をふきかけとった。

出雲弁で「雪女」(第3夜−1)

22)彼は顔に夕立のように雪がかかるので眼がさめた。

顔に雪が激しくかかーけん、みのきちは目が覚めた。

 

23)小屋の戸は無理押しに開かれていた。

小屋の戸はこじあけらいたやに開いちょった。